2017年12月31日

【花騎士日記】今年最後の……! 【610日目】


 今年も残すところ、あと30分を切りました。
 やべぇよやべぇよ。

 38.jpg

 ……ってなわけで、これ、引いてきました。
 2017年を締めくくるガチャ納めとして、これ以上のものはねぇのです。
 

 ………
 ……
 …




 

 
 ……まじか、まじかまじか。。。


 ……夢、じゃないですよね(震え


 華霊石がはじけ飛び、何人もの諭吉が爆ぜクレカ君がお釈迦になってもめげずにじゃぶじゃぶしてきたご褒美……でしょうか(何

 今年1年はホントにガチャから見放されてて、虹鉢を1個引くのに500〜600連は当たり前。酷い時は1000回転でようやく虹1、なんて経験も一度ならずありました。……が、すべてはこの瞬間のための……って、全然うれしくないです。200回に1回くらいの当選率でコンスタントに虹鉢引ける方が嬉しいです(マジレス


 ……ともあれ、この結果がとんでもなく嬉しいのは紛れもない事実。最高のガチャ納めになりました。来年も頑張ってじゃぶじゃぶしていく予定なので、どうかお手柔らかにお願いします。。
posted by dennn at 23:31| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

【花騎士日記】クロユリ(新春)について考察してみる 【609日目】


 171228クロユリ(新春).jpg

 クロユリ(新春)について、ステータス諸々をまとめておこうかと。

 クロユリ(新春).jpg

 イベント「あなたのソバで年越しを」(2017/12/26〜)にて再登場したリリィウッド所属の花騎士。ちなみに初登場はイベント「紅き友情が守りしモノ」(2015/5/15〜)にて。
 
 家族を殺されたことがきっかけで害虫に強い恨みを抱き、復讐を誓って花騎士になった。しかし、新人花騎士として赴いた戦場で強力な害虫の奇襲にあい、部隊は壊滅。危機察知能力に長けたクロユリだけが生き残ることとなる。これらが原因で「自分は死神。自分と関わる者は皆、死ぬ」と思うようになり、他人と一切の関りを持つことなく、戦場においても私生活においても常に一人で生きてきた。

 初登場時は「害虫の殲滅と自分の死に場所を求めるため」に戦っていた彼女だけれども、団長やゼラニウムと出会い、関わるうちに「死なせたくない奴がいるから」戦っている、と考えるようになる。キャラクエ中で彼女自身が言っているように、彼女の中で大きな変化があったのだろう。(というか、もし昔のままの彼女であったのなら、たとえ天地がひっくり返ったとしても晴れ着姿なんて拝めなかった)


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :14,894
 攻撃力:6,442
 防御力:2,120
 移動力:475

 ・アビリティ1
 パーティメンバーの攻撃力が20%アップ(ボス戦のみ)
 ・アビリティ2
 スキル発動率アップ(好感度依存、最大1.2倍)

 スキル:敵全体に攻撃する(発動率27%(SL1時)、敵の数によって倍率が変化する。1体→2.4倍、2体→1.8倍、3体→1.4倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは367名(開花キャラの重複あり)中161位(2017/12/26)
 クロユリ(新春).jpg

 総合力は並み〜やや控えめといったところか。攻撃力が高く、防御力が低い点は“火力特化”な印象のある彼女らしい。

 アビリティはスキル発動率1.2倍、ボス戦時限定の攻撃バフ及びボスに与えるダメージ上昇10%(開花アビリティ)の3種類。2種類の攻撃バフがいずれも「ボス戦限定」なので、通常マスでの戦闘においては足を引っ張りがちな存在になってしまう。とはいえ、ひとたびボス戦になれば攻撃バフ20%+与ダメージ上昇10%+スキル発動1.2倍と、☆5キャラとしては破格の能力を発揮する。運用の際はうまく移動力を調整して、彼女の部隊が無傷でボスマスへ辿りつけるよう計らってあげると良いかもしれない。


 以下余談。

 31.jpg

 ↑クロユリ(季節の花300様 より)

 クロユリ(黒百合)はユリ科バイモ属の高山植物で、花期である6〜8月頃になると鐘状の暗紫色の花を茎先に1〜数個ほどつける。花はアンモニア臭に似た独特の異臭を放ち、これは「屍体の臭い」と表現されることもあるのだとか。この匂いによりハエをおびき寄せて受粉を行うのだけれども、チョウやハチといった花粉媒介昆虫が少ない環境(高山帯)に適応したのだろうと考えられている。日本では中部地方以北の高山帯に自生している。

 34.jpg

 涙腺が緩む。
posted by dennn at 23:00| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

【花騎士日記】カンヒザクラについて考察してみる 【608日目】


 171228カンヒザクラ.jpg

 カンヒザクラについて、ステータス諸々をまとめておこうかと。

 カンヒザクラ.jpg

 イベント「あなたのソバで年越しを」(2017/12/26〜)にて初登場したブロッサムヒル所属の花騎士。サクラやウメと親交があり、特にウメとは師弟関係にある。生活苦から孤児院へ預けられたことを「両親に捨てられた」と思い、幼い頃はグレていた。しかし両親が何とか生活苦から抜け出し、自分のことを迎えに来ようとしてくれたこと、その途中で害虫に襲われ、命を落としてしまったことをウメから聞き、自分がいかに愛されていたのかを知ることとなる。

 今では新しい両親(養親)の元で暮らしながら花騎士として、ウメの弟子として害虫と戦う日々を送っている。団長に褒められると舞い上がってしまうようで、グレていた頃の口調が出てしまう。可愛いなコンチクショー!


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :14,344
 攻撃力:6,188
 防御力:2,732
 移動力:550

 ・アビリティ1
 パーティメンバーのクリティカル発生率10%アップ
 ・アビリティ2
 攻撃バフ10%(味方全体)

 スキル:敵2体に攻撃する(発動率24%(SL1時)、倍率2.0倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは367名(開花キャラの重複あり)中177位(2017/12/26)
 カンヒザクラ.jpg

 総合力はやや控えめ。防御力が多少高い程度である。

 アビリティは攻撃バフ、クリティカル発生率アップとソーラードライブ強化(開花アビリティ)の3種類。開花アビリティであるソーラードライブ強化(上昇値15%)が一般的な☆5キャラに劣る代わりに、味方全体のクリティカル発生率アップ(上昇値が15%で、今のところカンヒザクラのみ)が強力になっている。クリティカルパーティであれば虹キャラと肩を並べての運用も十分視野に入って来るだろう。
 

 以下余談。

 30.jpg

 ↑カンヒザクラ(季節の花300様 より)

 カンヒザクラ(寒緋桜)はバラ科サクラ属の落葉高木。1月から3月(旧正月)にかけてが開花期であることから元日桜(ガンジツザクラ)といった別称もある。中国南部から台湾にかけて広く分布しており、日本では基本的に園芸品種として扱われている。唯一沖縄では野生化しており、沖縄において「桜」と言えば基本的にカンヒザクラのことを指すらしい。1.5〜2.5cm程度の釣鐘状の花が特徴的である。

 32.jpg

 ああもう可愛いなコンチクショー!
posted by dennn at 23:00| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

【花騎士日記】ヒギリについて考察してみる 【607日目その2】


 171228ヒギリ.jpg

 ヒギリのステータス諸々についてまとめておこうかと。

 ヒギリ.jpg

 イベント「聖なる夜にご馳走を」(2017/12/11〜)にて初登場したベルガモットバレー所属の花騎士。一応騎士団に所属してはいるものの、本職はベルガモットバレーのとある教会に務める大神官。風の噂で団長のことをききつけ、現在は教会と騎士団との連携を図るために騎士団へ協力している、といった状態である。

 まだ生まれて間もない頃に故郷の村が害虫に襲撃され、父親を亡くしてしまう。命を賭して自分と母親を逃がしてくれた父の行動に感謝し、感銘を受け「今を生きる人々を害虫から守るために」と父と同じ聖職者の道を選んだ。

 幼い外見ながらも教会式武闘術のエキスパートで、実はかなりの武闘派。部下であるベロニカに弄られ、振り回されながらも、人々のために身を粉にして戦っている。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :13,784
 攻撃力:5,188
 防御力:1,936
 移動力:500

 ・アビリティ1
 攻撃バフ15%(自身のみ)
 ・アビリティ2
 パーティの受ける回復パネルの効果が3倍になる

 スキル:敵2体に攻撃する(発動率28%(SL5時)、倍率2.0倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは361名(開花キャラの重複あり)中323位(2017/12/11)
 ヒギリ.jpg

 ステータスは一般的な配布キャラの水準。妙に防御力が低いのはあんな服装(穿いてない)だからだろうか。いいぞもっとやr

 アビリティは自身のみが対象の攻撃バフとパーティの受ける回復パネルの効果を3倍にする、というもの。さらに開花アビリティとして「ボス敵との戦闘中、自身の攻撃力が10%上昇」も習得する。

 開花後も含めて攻撃バフが自身にしかかからないので、かなり使いにくい。パーティの受ける回復パネルの効果を3倍にする、というアビリティもホーリー(開花)やフクシア(開花)といったキャラクターで代用できるので、あえてヒギリを編成する必要は殆どないと言える。

 
 以下余談。

 51.jpg

 ↑ヒギリ(季節の花300様 より)

 ヒギリ(緋桐)はシソ科クサギ属の落葉低木で、夏から秋にかけて、枝先に大きな円錐花序を伸ばし、赤い花を無数につける。東南アジアを原産とし、日本では九州南部で栽培されていたものが後に野生化したと考えられている。
 
 29.jpg

 庇護欲がリミットブレイクする。
posted by dennn at 23:00| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【花騎士日記】最近キャラの記事が滞ってる件_(:3 」∠)_ 【607日目】


 最近「忙しい!」を理由にキャラの考察記事が滞り気味なのですが「このままの状態が続くとそのうち風化してしまう!!」なんて不安が。。

 最初は「仕方がない、まあいいや」程度だったのに、ある程度強引にでも続けていないと、ふとした瞬間「もういいや」になっちゃうこと。結構ありますよね。……けれども、せっかくそれなりに長い間続けてきたのに、それじゃもったいない。


 ……と、いうことで、ちょっと無理にでも時間を作って記事を書いてみることにしましたw
 
 数えてみたらまだ記事にできてないキャラクターがかなーり貯まっているので、とりあえずそこをスッキリさせようと思います。年末の大掃除ってやつですね。……年内じゃとても掃除しきれないですケド_(:3 」∠)_


 29.jpg

 とりあえず今日はこの子。

 明日以降3日連続で現イベのカリン、クロユリ、カンヒザクラ……ときて、そこからは前回、前々回のイベントで登場したキャラを順番に書いてみる予定。ひとまずこれから1週間、1日1キャラのペースでやってみようと思います(っ・ω・)っ
posted by dennn at 13:53| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする