2016年11月22日

【花騎士日記】開花したアイリスについて考察してみる 【267日目】


 こんにちは。

 161112アイリス(開花).jpg

 アイリスの開花&レベリングを済ませてまいりましたので、いつものようにステータスについて軽くまとめておこうかと。(内容は私の独断と偏見なので、その点はご了承)

 アイリス(開花).jpg

 イベント「紅き友情が守りしモノ」(2015/05/15〜)にて初登場したベルガモットバレー所属の花騎士。自ら「戦闘よりも指揮系統の補佐の方が得意」と言っているように、国家防衛線などのイベントストーリーでは作戦を指揮する役回りで登場することが多い。
 何かとキッチリしていないと落ち着かない性格で、1日のタイムスケジュールを分刻みで決めている。それを見かねた団長に「何もかもきっちり生きていく必要はない」と諭され、少しずつではあるものの変化がみられるようになった。

 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :15,700
 攻撃力:6,092
 防御力:2,986
 移動力:500

 ・アビリティ1
 キャノンパネル通過時に砲撃対象の害虫パネルが1つ増える
 ・アビリティ2
 攻撃力バフ12%(味方全体)、スキル発動率アップ(好感度依存、最大1.2倍)

 スキル:敵全体へ攻撃(発動率25%(SL1時)、倍率1.9倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは2016/11/22現在、188名(開花キャラの重複あり)中31位。
アイリス.jpg

 キャノンパネルの効果を強化するという、かなり貴重なアビリティを持つ花騎士。しかしキャノンパネルが存在しないマップでは死にアビリティとなってしまい、かなり使い勝手の悪かったキャラクターでもある。
 開花では攻撃バフの倍率が12%に強化され、新たにスキル発動率アップが追加された。アビリティ1に調整こそ入らなかったものの、攻撃力バフ12%とスキル発動率アップだけでも十分強力。もともと全体攻撃スキルを有していることもあり、第一線でも十分に活躍できるキャラクターになったのではないだろうか。

 ステータスは☆5開花キャラの中では控えめ。防御力はそこそこの数値なのだけど、HPが低めなので耐久力にやや難アリといったところか。 


 ・運用について

 アビリティ1はキャノンパネルの効果範囲を拡張するもので、砲撃の威力を強化するものではない点に注意。キャノンパネルは通過時に害虫パネル2つをランダムに攻撃するというものなのだけど、アイリスをパーティに編成することで攻撃対象が3つに拡張される。
 しかし、キャノンパネルの恩恵を受けられるステージは非常に限られているため、現状では死にアビリティとなりやすい。アビリティ1は“おまけ”程度に捉えておくと良いだろう。

 一方アビリティ2は非常に強力。優秀な攻バフとスキル発動率アップを併せ持っているので、基本的にどのパーティにおいても活躍が見込める。敢えて言うのであれば、他のスキル発動率アップを持つキャラクターと並べて「スキル発動率アップパーティ」を組むのがベストだろうか。


posted by dennn at 17:48| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: