2017年01月11日

【花騎士日記】ハコベラについて考察してみる 【302日目その3】


 こんにちは。

 170111ハコベラ.jpg

 ハコベラの進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかなと。

 ハコベラ.jpg

 イベント「温泉湯けむり七草事件」(2017/1/10〜)にて初登場したブロッサムヒル所属の花騎士。七草乙女団の一員であり、とにかく明るい元気っ子。
 戦闘技術など、花騎士としての能力にはあまり自信が無く、七草乙女団のメンバーに対して負い目を感じてしまっている。そのため「自分に出来ることは明るく元気に振る舞うこと」と言わんばかりに、とにかく明るく元気いっぱい。

  七草乙女団のメンバーとは幼馴染であり、子供の頃に西の荒野へ冒険した際、迷子になったところを花騎士に助けてもらった過去がある。その時、一緒に助けられたメンバーで「あんな風に、カッコ良い花騎士になろう!」と誓い合った。

 
 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :14,008
 攻撃力:4,740
 防御力:2,252
 移動力:550

 ・アビリティ1
 攻撃力バフ25%(レイド、レベルアップ戦のみ。自身を含む2人)
 ・アビリティ2
 敵2体のミス誘発率5%アップ

 スキル:敵単体に攻撃(発動率30%(SL5時)、倍率2.4倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは2017/1/11の時点で、211名(開花キャラの重複あり)中183位
 ハコベラ.jpg

 HPと防御力は配布金として及第点といったところなのだけど、とりわけ攻撃力が低い。現在実装されている全☆5キャラの中で最下位なので、それなりに強化済みの装備を4スロットに付けること前提のスペックといったところだろう。

 アビリティはレイド戦用の攻撃バフと、敵の攻撃ミスを誘発するもの。自身を含む2人の攻撃力が25%アップする、というのはオトギリソウ以来の登場である。
 敵の攻撃ミスを誘発するキャラとしては、ヒメリュウキンカ、イカリソウ、カルセオラリアに続く4人目。5%という数字はかなり心もとないので、イカリソウ、カルセオラリアと組ませてみたり、あるいは初めから“おまけ”として割り切ってしまうくらいで良いかもしれない。

 余談。ハコベラ(ハコベ)はナデシコ科ハコベ属の総称。世界には約120種あり、日本にはそのうち18種が生息しているのだとか。一年の無病息災を願って食べられる七草粥に利用されており、「繁栄が蔓延る」という由来があるのだとか。


 23.jpg

 わっちょーい!٩( ''ω'' )و


posted by dennn at 14:14| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: