2017年02月18日

【花騎士日記】開花したアンスリウムについて考察してみる 【337日目その2】


 こんにちは。

 17021アンスリウム(開花).jpg

 遅くなってしまいましたが、開花したアンスリウムのステータス諸々についてまとめておこうかと。

 アンスリウム(開花).jpg

 イベント「紅き友情が守りしモノ」(2015/5/15〜)にて初登場したバナナオーシャン所属の花騎士。「可愛いは正義」をモットーとしていて、彼女に言わせれば花騎士とは「ただ強いだけじゃダメ。ただ可愛いだけでもダメ」なんだとか。

 強くて美しいレッドジンジャーに憧れて、幼馴染のハイビスカスとともに花騎士になった。ハイビスカスのことを(一方的に)ライバル視しており、時には互いに競い合いながら「可愛くて強い花騎士」を目指して修行の日々を送っている。

 開花キャラクエでは戦線での活躍っぷりに『狂える回転暴風(クレイジートルネード)』という二つ名が付けられてしまい、「こんな可愛くない二つ名は嫌!」と言う彼女とともに『アンスリウムの可愛さアピール作戦』を決行することになるのだけど。。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :16,240
 攻撃力:6,858
 防御力:2,498
 移動力:700

 ・アビリティ1
 攻撃バフ22%(1ターン目のみ、味方全体)、スキル発動率1.5倍(自身のみ、1ターン目のみ)
 ・アビリティ2
 攻撃力バフ15%(自身のみ)、パーティの移動力150アップ

 スキル:敵単体へ攻撃(発動率24%(SL1時)、倍率2.4倍、HP吸収効果)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは227名(開花キャラの重複あり)中25位(2017/2/13)。
 アンスリウム.jpg

 ステータスは全体的に高めで優秀。防御力が少し低めなのだけど、アビリティ構成からして攻撃特化のキャラクターなので、そこまで気にならないかなぁといった感じ。

 開幕1ターン目限定の攻撃力バフ(味方全体)とスキル発動率アップ(自身のみ)を有しており、開幕火力の底上げ役としては(☆5キャラの中では)ヤマユリの上位互換的存在。開花によって永続的な攻撃力バフ(自身のみ)も追加されたので、開幕で敵を殲滅し損ねた場合にも対応しやすくなった。パーティの移動力を150アップする、というアビリティは現在(☆5キャラの中では)イヌタデとアンスリウムのみが所持するアビリティ。非常に貴重で有用なアビリティであり、高速周回に欠かせない存在となっている。


 余談。アンスリウムとはサトイモ科アンスリウム属の多年草で、日本においては南国ムードを漂わせる観葉植物として見かけることが多い。花の色によっていろいろな花言葉が付けられているのだけど、「恋に悶える心」というのが一般的なものらしい。名前の由来はギリシア語のアンサス(花)とオウラ(しっぽ)からきているのだとか。

 34.jpg

 ネーミングセンスが良すぎてお茶吹きました_(:3 」∠)_


posted by dennn at 13:29| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: