2017年04月06日

【花騎士日記】コデマリについて考察してみる 【380日目その2】


 こんにちは。

 170404コデマリ.jpg

 コデマリの進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 コデマリ.jpg

 イベント「花見と女神の薬箱」(2017/4/3〜)にて初登場したリリィウッド所属の花騎士。食べたものを直接魔力に変換できる体質で、食べれば食べるほど魔力を蓄えることができる。そのため花騎士としては非常に強力な存在なのだけど、とんでもなく燃費が悪いため任務の途中で行き倒れてしまうことも。

 住んでいた村の農作物が害虫に荒らされ、救援物資も届かずひもじい思いをしていた時期があり、その頃から口にしたものを魔力に変換できるようになったらしい。食べたものが否応なしに魔力に変換されてしまうので、身長も伸びないし、体重も増えない、胸も(ry ……などなど、年頃の女の子として悩みが多い様子。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :15,190
 攻撃力:6,784
 防御力:2,508
 移動力:550

 ・アビリティ1
 攻撃力バフ15%(好感度依存、味方全体)
 ・アビリティ2
 スキル発動率アップ(1ターン目、自身のみ1.5倍)

 スキル:敵単体へ攻撃(発動率28%(SL1時)、倍率2.5倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは249名(開花キャラの重複あり)中54位(2017/4/3)
 コデマリ.jpg

 各種ステータスのバランスが良く、いずれも高水準でまとまっているので非常に優秀。おそらく、開花したらヤバい。

 アビリティは攻撃バフ&スキル発動率アップ(1ターン目、自身のみ)。好感度依存ではあるけれども、攻撃バフのスペックは☆6キャラと同等の水準であり非常に強力。自身のスキル発動率が高いので、スキル発動率アップも非常に相性が良いアビリティとなっている。


 余談。コデマリとはバラ科シモツケ属の落葉低木。開花時期になると枝の先に小さな白い花をまとまってつけるので、その姿を「小さな手毬」に見立ててコデマリ(小手毬)と名付けられた。白い花の塊が鈴のように見えることからスズカケ(鈴懸)とも呼ばれたり、「テマリバナ(手毬花)」「ダンゴバナ(団子花)」といった別名もある。

 23.jpg

 (空腹のあまり野草を……ハニクレイアの某魔王を思い出す……)

posted by dennn at 12:36| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: