2017年05月01日

【花騎士日記】開花したストロベリーキャンドルについて考察してみる 【400日目】


 おはようございます。

 170416ストロベリーキャンドル(開花).jpg

 開花したストロベリーキャンドルについて、ステータス諸々をまとめておこうかと。

 ストロベリーキャンドル(開花).jpg

 イベント「繁華祭フォスフォレシア」(2015/5/1〜)にて初登場したベルガモットバレー所属の花騎士。かつては動植物に囲まれて静かに暮らしていたのだけど、花騎士に憧れていた親友に手を引かれて自らも花騎士となった。しかし、花騎士としての初陣で親友が戦死。途方もない喪失感と恐怖が心に刻み込まれてしまう。

 それ以来、いつ死んでも良いようにと自分や周りの花騎士の『生きた証』を克明に書き遺すための日記をつけ始める……のだけど、今の団長や、団長を囲む花騎士達と接しているうちに少しずつ考え方が変わってきたようで、今では『単純に書き残したい。こんな面白い人たち、絵や記録だけじゃ足りないから』と語っている。
 

 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :18,076
 攻撃力:6,534
 防御力:2,824
 移動力:545

 ・アビリティ1
 回避、討伐開始時にパネル3〜4個を祭壇パネルへ変化させる(アビリティの重複不可)
 ・アビリティ2
 攻撃力バフ10%(味方全員)、シャインクリスタルのドロップ率アップ10%

 スキル:敵単体へ攻撃(発動率26%(SL1時)、倍率2.4倍、HP吸収効果)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは255名(開花キャラの重複あり)中2位(2017/4/10)。
 ストロベリーキャンドル(開花).jpg

 一言で言ってしまうと、ザ・ステータスお化け。HPと防御力だけ見れば未開花の☆6キャラと比べても遜色ないほどで、☆5キャラとしてはかなり破格のスペックとなっている。

 アビリティは回避、攻撃バフ、シャインクリスタルのドロップ率アップ、および祭壇パネルの設置という合計4種類。祭壇パネルの設置アビリティは全キャラを通してストロベリーキャンドル、ニゲラの2名のみが有するものなので、非常に貴重。開花によって攻撃バフ、回避という汎用性の高いアビリティを得たことで使い勝手が格段に良くなった。

 ☆5キャラにもかかわらず何故かアビリティを4種類も有しているうえ、ステータスも破格のスペック。強力なキャラであることは間違いないだろう。


 余談。ストロベリーキャンドルはマメ科トリフォリウム属の一年草。ヨーロッパが原産で、イチゴのような赤い花が火を灯したロウソクを連想させることからストロベリーキャンドルと呼ばれるようになった。クローバー(白詰草)の一種であり、和名は「紅花詰草(べにばな つめくさ)」。英名でも「Crimson clover(クリムゾン クローバー)」と呼ばれることが多いのだとか。

 37.jpg

 キャラクエ、めっちゃ良かったです(´;ω;`)
 
posted by dennn at 07:11| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: