2017年05月11日

【花騎士日記】開花したキウイについて考察してみる 【407日目】


 おはようございます。

 170509キウイ(開花).jpg

 キウイの開花&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 キウイ(開花).jpg

 イベント「お茶会は海風に吹かれて」(2016/11/14〜)にて初登場したバナナオーシャン所属の花騎士。ブロッサムヒルの中でも特に富裕層が多い“アロゾワール地区”の出身で、実はかなりのお嬢様。感情の起伏がとても激しく、喜んでいると思ったら数秒後には落ち込んでいて、そのまた数秒後にはケロっとしている、なんて場面も。

 凄まじい怪力の持ち主で、お手製のフルーツジュース(片手で握りつぶした果物をコップに注いだだけ)を振る舞った際は団長が絶句したほど。ミカンパイナップル、ビワとは幼馴染であり、持ち前のテンションで「花騎士になろう!」と彼女たちに呼びかけた張本人でもある。

 
 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :15,986
 攻撃力:6,830
 防御力:2,874
 移動力:650

 ・アビリティ1
 光GAUGEが30%貯まった状態で討伐開始、ソーラードライブの効果が25%上昇
 ・アビリティ2
 攻撃バフ15%(味方全体)

 スキル:敵全体へ攻撃 ※敵の数によって威力が変動する(発動率27%(SL1時) 敵が3体以上の時1.4倍、敵が2体の時1.8倍、敵が1体の場合2.4倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは264名(開花キャラの重複あり)の中で32位。(2017/5/8)。
 キウイ(開花).jpg

 ステータスは開花済みの☆5キャラとしては平均的な数値で、全体的にバランス良くまとまっている感じ。

 開花によってアビリティが大幅に強化され、ソーラードライブの効果上昇値が20%→25%、攻撃バフが10%→15%となった。さらに討伐開始時の光GAUGE+30%も習得し、開花前と比べるとだいぶ使い勝手が良くなっている。特に無条件での攻撃バフ15%は非常に魅力的で、☆6キャラの頭数が足りない団長にとっては心強い存在になる。
 
 敵の数によって威力の変動スキルを引っ提げて登場した初の花騎士であり、その変動値は下限が1.4倍、上限が2.4倍。下限の1.4倍は心もとなく感じてしまうのだけれども、敵2体に1.8倍、単体の敵に対して2.4倍という数値は十分及第点である。水影EXなどの高難度ステージではパーティの移動力を上手く調整し、敵の数が少なくなったところにキウイをぶつける、といった運用が望ましい。

 
 余談。キウイとはマタタビ科マタタビ属の落葉蔓性植物であり、その果実であるキウイフルーツは日本でも広く食べられている。マタタビ科マタタビ属ということで、猫に与えるとマタタビ同様の効果を発揮することもあるのだとか。(なので、エノコログサは苦手らしい)

 27.jpg
 ボイス

 目のやり場に困るというか、もうね、えr

posted by dennn at 08:09| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: