2017年06月01日

【花騎士日記】コマチソウについて考察してみる 【426日目】


 おはようございます。

 170530コマチソウ.jpg

 コマチソウの進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 コマチソウ.jpg

 イベント「走れ!スカネの大交流戦」(2017/5/29〜)にて初登場したバナナオーシャン所属の花騎士。幼い頃に光り輝く害虫の甲殻を目にして以来、その魅力に魅入られてしまう。猟師である両親の手伝いをしていたため罠を仕掛ける技術に長けており、花騎士となる以前から害虫を生け捕りにしては欲しい部位の採集を行っていた。

 部位の欠損した害虫の相次ぐ目撃報告をバナナオーシャン騎士団が不審に思い、調査をしている最中にコマチソウと遭遇。そのまま花騎士にスカウトされることとなる。あらゆる害虫を捕獲・生け捕りにする技術を身につけており、単純な戦闘能力以外での評価が高い。団長曰く『討伐能力が高い花騎士は多いが、捕獲・採取の得意な花騎士はそうそういない』とのこと。

 
 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :13,600
 攻撃力:5,984
 防御力:1,752
 移動力:650

 ・アビリティ1
 パーティの移動力が50増加
 ・アビリティ2
 反撃(発生確率80%、ダメージは自身の防御力の2倍)

 スキル:敵単体に攻撃(発動率30%(SL5時)、倍率2.4倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは277名(開花キャラの重複あり)中211位(2017/5/29)。
 コマチソウ.jpg

 ステータスはHPと攻撃力がそこそこ高く、防御力が極端に低い。

 アビリティは移動力増加と反撃。攻撃力バフを持たないキャラとしてはイベント「深い森の納涼祭」(2016/8/8〜)にて登場したクレマチス以来となる。移動力増加アビリティはそれなりに便利であるものの、攻撃バフが無い点は非常に心もとない。パーティに編成する際は他のキャラでバフの穴を補えるよう細心の注意を払いたいところ。(※先行開花することでアビリティに攻撃バフが追加されるので、運用する際は是非とも開花を)


 余談。コマチソウはナデシコ科シレネ属の一年草。別名「虫取り撫子(ムシトリナデシコ)」とも呼ばれていて、茎上にある粘液を分泌する部分が昆虫を捕えることに由来する。しかしコマチソウ自体は食虫植物ではなく、粘液の分泌は「効率的な受粉に与らないアリから花粉を守るため」に行っているとされる。なので、花騎士である彼女が積極的に害虫を捕まえる姿は、本来のコマチソウとは若干異なっている。

 22.jpg

 その良さはちょっとわからにゃい(っ・ω・)っ
posted by dennn at 06:04| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: