2017年06月01日

【花騎士日記】リシマキアについて考察してみる 【426日目その2】


 こんにちは。

 170529リシマキア.jpg

 リシマキアの進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 リシマキア.jpg

 イベント「走れ!スカネの大交流戦」(2017/5/29〜)にて初登場したロータスレイク所属の花騎士。ドSキャラ……というわけではなくて、実はかなりの構ってちゃん。好きな相手を振り向かせるほどの「善い行い」をすることは難しい。ちょっと驚かせたり、困らせたりすることが自分を意識してもらうための一番確実な方法……という考えのもと、しばしば団長にちょっかいをかけている。

 「勝負好き」という花言葉にあるとおり、勝負ごとになると表情が一変。ボードゲーム全般を好み、中でもアブストラクトゲーム(勝敗に運要素の介入しないゲーム)を得意とする。団長とは空いた時間に幾度となく手合わせしているらしいのだけど、一度たりとも負けたことはないらしい。

 
 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :15,424
 攻撃力:6,748
 防御力:2,160
 移動力:500

 ・アビリティ1
 攻撃力バフ15%(好感度依存)
 ・アビリティ2
 味方のスキルダメージアップ8%

 スキル:敵2体に攻撃(発動率24%(SL1時)、倍率2.0倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは277名(開花キャラの重複あり)中71位(2017/5/29)。
 リシマキア.jpg

 ステータスはHPと攻撃力が高く、防御力がやや低めといった感じ。

 アビリティは攻撃バフとスキルダメージアップ。スキルダメージアップはスキルダメージ(= 攻撃力 × スキル倍率)に乗算でかかるため、ダメージを大幅に引き延ばしてくれるアビリティ。攻撃バフ(最大15%)も非常に強力で、攻撃に特化したキャラクターとなっている。


 余談。リシマキアはサクラソウ科オカトラノオ属に分類される水草。元々は欧州の沼沢地に自生していたものが、園芸用としてアメリカへ導入されたことをきっかけに、いくつかの地域で野生化することとなった。名前はマケドニアのリシマコス王がリシマキアの蔓を使って暴れ狂う闘牛を鎮めた、という伝説に由来する。和名は「コバンコナスビ」。

 24.jpg

 可愛い。困らせてほしい感ある。


posted by dennn at 10:23| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。