2017年07月06日

【花騎士日記】開花したストレリチアにつていて考察してみる 【366日目】


 こんにちは。

 170703ストレリチア(開花).jpg

 ストレリチアの開花&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 ストレリチア(開花).jpg

 イベント「わがまま姫と劇作家」(2016/10/3〜)にて初登場したウィンターローズ所属の花騎士。裕福な家庭の出身で誇りと気位が高く、子供の頃から欲しいものは何でも手に入れてきた。……が、世間知らずなストレリチアを心配した父親によって家を追い出され、ウィンターローズへ送られてしまう。

 ウィンターローズで暮らし始めてからしばらくすると、錬金術の研究に勤しむローズマリーと出会い、彼女の研究内容を認めてパトロンになった。ひとたび『価値がある』と思ったことには出資をためらわず、お金が無いことが原因で偉業を成せず、道を絶たれていく人を見るのが我慢ならない。開花クエストではお金で買えないものの価値を知り、花騎士として、人間として、またひとつ成長していくのだった。。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :14,742
 攻撃力:5,392
 防御力:2,518
 移動力:400

 ・アビリティ1
 攻撃力バフ12%(自身のみ)、攻撃デバフ10%(敵1体)
 ・アビリティ2
 パーティの受ける回復パネルの効果が3倍になる

 スキル:敵全体に攻撃する(発動率28%(SL5時)、倍率2.0倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは292名(開花キャラの重複あり)中193位(2017/7/3)
 ストレリチア(開花).jpg

 HPと防御力はそこそこ高い代わりに、攻撃力が低い。

 アビリティは攻撃デバフ&回復パネル強化に、開花アビリティとして攻撃バフが追加された。配布キャラにして攻撃バフ&デバフを兼ね備えている数少ないキャラではあるものの、攻撃バフの効果が自身のみであるため未開花のレインリリーと比べても多少の使いにくさがある。どちらかと言えばレイドボス戦向きのキャラクターなので、アビリティ2(回復パネル強化)が機能しづらい点も気になってしまう。……とはいえ、攻撃バフ&デバフを持つ配布キャラクターとして貴重であることは間違いない。対レイド戦用のデバフキャラが揃っていないようなら、活躍の機会もあるだろう。


 余談。ストレリチアはバショウ科ストレリチア属の総称。南アフリカを中心に数種類の原種が存在し、日本では観葉目的として「ストレリチア レギネ」「ストレリチア オーガスタ」の2種類が流通している。一つの蕾から尖った花がいくつか咲き、それが羽ばたく鳥を思わせることから和名で「極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)」と呼ばれている。

 37.jpg

 ――お金は『全部』じゃない。『ほとんど』だ。(by某蜂の妹
posted by dennn at 12:52| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: