2017年07月13日

【花騎士日記】バイカモについて考察してみる 【372日目】


 こんばんは。

 170711バイカモ.jpg

 バイカモの進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 バイカモ.jpg

 イベント「三日月の島と真夏の太陽」にて初登場したロータスレイク所属の花騎士。「他の人たちを幸せにしたい」という思いから、団長やほかの花騎士達に「幸せを運ぶ壺」をオススメしてまわっている。「壺を配って、配られた人が幸せになってくれると嬉しいカモ! そして、配られた人がまた集めて、別の誰かに配るカモ! そしたらみんなが幸せになるカモ!」 ……もちろん本人は言葉の通りに思っているので、やましい商売とかそういうのではない。

 オトモである鴨の名前は「バチモ」。名前の由来はおそらくバイカモの別名「梅鉢藻(ギンバチモ)」から。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :14,752
 攻撃力:5,810
 防御力:2,408
 移動力:550

 ・アビリティ1
 回避(2ターン目まで65%、以降は40%)
 ・アビリティ2
 攻撃力バフ10%(味方全体)

 スキル:敵全体に攻撃する(発動率22%(SL1時)、倍率1.7倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは295名(開花キャラの重複あり)中155位(2017/7/10)
 バイカモ.jpg

 HPが高く、防御力もやや高め。一方攻撃力は低めに設定されている。

 標準的な回避+攻撃バフを持つキャラで、どんなパーティにも編成しやすいスペックにまとまっている。キャラの実装に合わせて先行開花も実装されており、開花アビリティ「100%の確率で反撃(ダメージは防御力の2.6倍)」を習得する。確率100%の反撃アビリティを持つ☆5キャラとしてはバラ(開花)、ニゲラ(開花)、ポピーに次ぐ4人目であり、そういう意味では貴重なキャラクターである。


 余談。バイカモはキンポウゲ科キンポウゲ属の水性多年草で、日本の固有種である。綺麗な清流にのみ自生するため、清流の指標植物として知られている。名前は水中に咲く小さな白い花が梅の花を思わせることから、漢字で「梅花藻(バイカモ)」と書く。

 48.jpg

 その壺、言い値で買おう(っ・ω・)っ
posted by dennn at 23:53| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: