2017年07月14日

【花騎士日記】ホトトギス(水着)について考察してみる 【373日目】


 こんにちは。

 170711ホトトギス(水着).jpg

 ホトトギス(水着)の進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々についてまとめておこうかと。

 ホトトギス(水着).jpg

 イベント「三日月の島と真夏の太陽」にて水着Ver.での登場となったベルガモットバレー所属の花騎士。箱入り娘として屋敷に閉じ込められるような生活を送る中で様々な本を読み、影響を受けていった。中でも過去の花騎士達が勇者へ向けた恋の詩に憧れ、自分もこんな風になりたい、という思いから花騎士になった。

 イベント「三日月の島と真夏の太陽」では、スランプに陥り詩を詠めなくなってしまったため気分転換にとティーリ島を訪れた。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :14,874
 攻撃力:5,872
 防御力:2,416
 移動力:555

 ・アビリティ1
 クリティカル発生率10%アップ
 ・アビリティ2
 攻撃力バフ18%(※自身のスキルレベルに応じて効果範囲が変化。最大で味方全体)

 スキル:敵に3回攻撃する(発動率26%(SL1時)、倍率1.4倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは295名(開花キャラの重複あり)中144位(2017/7/10)
 ホトトギス(水着).jpg

 HPは高いものの、攻撃力はかなり控えめ、防御力も並み程度となっている。

 アビリティは自身のスキルレベルに応じて効果範囲の変わる攻撃バフとクリティカル発生率アップ。キャラの登場に合わせて先行開花も実装されており、開花アビリティ「クリティカルダメージ10%アップ」を習得する。非常に攻撃的なアビリティ構成に加え、1.4倍の単体攻撃×3回というスキルも持ち合わせており、単体の敵が相手であれば未開花の☆6キャラ以上の活躍も期待できる。☆6キャラと比べればスキル上げ、装備枠の確保が容易なので、しっかり育成すれば最前線での活躍も視野に入ってくるだろう。


 余談。ホトトギスはユリ科ホトトギス属の多年草。山中の日陰を好んで自生し、白い下地に斑点模様を纏った小さな花をつける。名前の由来は花の斑点模様がホトトギス(鳥)の胸元の模様と似ていることから。国内では数種類のホトトギスが自生しているものの、その多くが絶滅危惧種に指定されている。

 50.jpg

 結婚しよう(直球
posted by dennn at 15:21| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: