2017年07月19日

【花騎士日記】開花したイチョウについて考察してみる 【377日目】


 こんばんは。

 170703イチョウ.jpg

 開花したイチョウについて、ステータス諸々をまとめておこうかと。

 イチョウ(開花).jpg

 イベント「山と紅葉と食いしん坊」(2015/10/19〜)にて初登場したリリィウッド所属の花騎士。幼い頃から両親はなく、神社で神主を務める祖父によって育てられた。滅多に境内の外へ出ることなく育ったため、物心ついた頃には外の世界への強い関心、憧れを抱いていた。

 そんな彼女が花騎士になったのは、外の世界を自分の目で見て回るため。そのため、外の世界を満足のいくまで堪能した暁には「花騎士を引退して神職に戻るだろう」とも公言している。おしとやかな大和撫子で、優柔不断ではあるけれど、悩むことすら楽しんでしまう粋人でもある。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :15,190
 攻撃力:7,340
 防御力:2,986
 移動力:500

 ・アビリティ1
 攻撃力バフ15%(味方全体)、クリティカル発生率10%アップ
 ・アビリティ2
 パーティの受ける回復パネルの効果が2倍、討伐中のソーラードライブ発動回数に応じて自身の攻撃力が10%ずつ上昇(最大30%)

 スキル:敵単体に攻撃する(発動率24%(SL1時)、倍率2.3倍、敵のHPを吸収する)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは292名(開花キャラの重複あり)中45位(2017/7/3)
 イチョウ(開花).jpg

 ステータスは軒並み高めに設定されており、優秀の一言。

 アビリティは攻撃バフ、クリティカル発生率上昇、回復パネルの効果上昇と、ソーラードライブ発動回数に応じた自身への攻撃バフで合計4種類。無条件15%の攻撃バフとクリティカル発生率アップが非常に頼もしいキャラである。
 ソーラードライブは、その討伐中(ステージに潜入してからクリアするまで)に発動した回数が累積し、カウントされていく。カウント数の上限は3回で、最大30%の攻撃バフを自身に付与することができる……けれども、今のところは“おまけ”程度に考えておくのが無難だろう。4種類のアビリティを持つ数少ない☆5キャラである。


 余談。イチョウはイチョウ科イチョウ属の落葉高木で、街路樹として日本各地に栽植されている。地味で目立たない花をつける一方で、秋になると扇形の葉が鮮やかな黄色に変化する。日本の秋を彩ってくれる代表的な植物である。

 20.jpg

 銀杏食べたい。


posted by dennn at 22:29| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。