2017年09月01日

【花騎士日記】ロベリアについて考察してみる 【508日目】


 170829ロベリア.jpg

 ロベリアの進化&レベリングが済んだので、ステータス諸々をまとめておこうかと。

 ロベリア.jpg

 イベント「鬼教官と補習授業」(2017/8/21〜)にて初登場したロータスレイク所属の花騎士。無駄なことや非効率的なことが我慢できない性格で、ついつい厳しく指導してしまう。そのため、花騎士候補生の間では“伝説の鬼教官”として有名人。

 イベント「鬼教官と補習授業」のストーリーに目を通せば分かることなのだけど、ドSであり、生粋のドMでもある。ロベリアには「強い個性と指導力」という花言葉があるけれど、「強い個性」の部分が災いしてしまったのかもしれない。


 ステータスは画像にある通り、レベルマ&好感度・咲状態で

 HP  :13,712
 攻撃力:5,382
 防御力:2,028
 移動力:550

 ・アビリティ1
 攻撃力バフ10%(自身を含む3人)
 ・アビリティ2
 シャインクリスタルのドロップ率アップ10%

 スキル:敵単体に攻撃する(発動率30%(SL5時)、倍率2.4倍)

 ☆5キャラの総合力ランキングでは316名(開花キャラの重複あり)中267位(2017/8/28)
 ロベリア.jpg

 ステータスは標準的な配布キャラのスペックで、若干防御が低め。

 アビリティは攻撃バフ、シャインクリスタルのドロップ率上昇と、先行開花に伴って追加される開花アビリティ「戦闘中、自身を含む4人の攻撃力が12%上昇」の3種類。配布キャラながら攻撃バフが充実しており、しっかり開花育成してあげれば十分な戦力となる。

 特にゲーム序盤〜中盤では心強い戦力となってくれるので、必要に応じて、しっかり育成してあげよう。


 余談。ロベリアはキキョウ科ミゾカクシ属の一年草、もしくは多年草。熱帯〜温帯を中心に約400種ほどが存在し、中でも南アフリカ原産の園芸種「ロベリア・エリヌス」を指して一般的にロベリアと呼ぶことが多い。花の色と形から「瑠璃蝶々(ルリチョウチョウ)」、湿地や水田のあぜ道を覆い隠すほど生い茂る様子から「瑠璃溝隠(ルリミゾカクシ)」といった和名が付けられている。

 25.jpg

 ⊂⌒~⊃。Д。)⊃


posted by dennn at 17:24| Comment(0) | 花騎士日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。