2018年05月06日

【日記】久々に映画 


 お出かけついでに映画を観てきました。
 スティーヴン・スピルバーグの最新作「レディ・プレイヤー1」。

 近未来のVRゲームを舞台に、主人公とその仲間たちが織りなす冒険譚。

 個人的な感想としてはお話そのものは普通、悪く言えばありきたりだったのだけど、とにかく映像が凄かった。ところどころ?な展開があったり、ストーリーを見失う場面も幾度かあったものの、それでも映像のインパクトに思いっきり引き込まれて見入ってしまう。そんな感じ。

 それに、日本でもお馴染みのあのキャラやあのキャラが、当たり前のように登場するのにもビックリ。スピルバーグ氏、どんだけジャパニーズカルチャーのこと好きなんだw ガンダムとメカゴジラがガチで殴り合いをする映画なんて、邦画じゃ絶対観られなかったと思う。

 普段なかなか映画館に足を運ぶ機会は無いけれど、こういう作品に出合えるのなら、ぶらっと立ち寄ってみるのもたまには良いのかもしれない……なんてことを思ったGW最終日だったのでした。

posted by dennn at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: