2017年03月10日

【パズドラ日記】転生アスタロトで闘技場3 (ヘラドラ編)


 先日の記事の補完ということで、レーダー龍戦の立ち回りをもう少し具体的に書いておこうかと。

 今回はヘラドラゴン戦。

 t3ast5.jpg

 潜在闇軽減を付けていればインドラ1枚で最終ターンまで行けるので、事故も少なく突破は容易。おそらくガイドラ、ゼウドラの次に簡単。アスタロトに潜在ドラゴンキラーを付けていないと(ロミアのドラゴンキラーのせいで)ダメージが凸凹になってしまい、突破が困難になるので気を付けること。

 t3astpt.jpg
 L:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、体力キラー)
 F:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、適当×2)
 S:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、遅延2)、シーフ(闇5)、ロミア(闇5)×2

 バッチ:回復+35%
 アシスト:上記画像の通り(※シーンはスキルレベル4)
 潜在:上記画像の通り

 ※パーティ編成や道中の立ち回りについてはこちら。ポイントはB12でスキルをフルチャージすること、B20で相手が誰であれ威圧を使用すること、B22でシーンを使用すること。

 最大倍率は出さず、1列(6個消し)+数コンボで削っていく。強化ドロップが無い状態では木の1列(6個消し)+6コンボまでが吸収されないので、1列+3or4コンボ程度が目安となる。強化ドロップの有無でダメージが大きく変わるので、その都度確認し、不安であればダメージ計算を怠らないこと。

 「アビスシュトローム」の直前でインドラを使用し、最終ターンまで耐久可能。よっぽどの落ちコン事故が起こらない限り、負けることはない。


posted by dennn at 13:58| Comment(1) | パズドラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【パズドラ日記】転生アスタロトで闘技場3 (ゼウドラ編)


 先日の記事の補完ということで、レーダー龍戦の立ち回りをもう少し具体的に書いておこうかと。

 今回はゼウスドラゴン編。

 t3ast6.jpg

 転生アスタロトの場合、ガイドラの次に簡単なのがこのゼウドラ。このパーティであればワンパンも容易なので、ほぼ勝ち確と言える。

 t3astpt.jpg
 L:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、体力キラー)
 F:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、適当×2)
 S:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、遅延2)、シーフ(闇5)、ロミア(闇5)×2

 バッチ:回復+35%
 アシスト:上記画像の通り(※シーンはスキルレベル4)
 潜在:上記画像の通り

 ※パーティ編成や道中の立ち回りについてはこちら。ポイントはB12でスキルをフルチャージすること、B20で相手が誰であれ威圧を使用すること、B22でシーンを使用すること。

 ゼウドラはワンパンしてしまうのが無難。シーンのエンハンスが効いている状態で、木の6個消し2列+闇3個消しの合計3コンボでワンパンすることができる。5コンボ以上で無効ラインを超えてしまうのだけど、ゼウドラの60%〜90%の行動で負けることは殆どないので、適当にスキルを貯めなおしつつ突破する。

 もし全知全能(コンボ吸収)を誘発してしまった場合は、無理にコンボしようとせず耐久するのが無難。この際ゼウドラのHPが30%以下の場合はシーフに継承した陣で強引に突破するか、わざと吸収させて敵のHPを回復させると良い。


posted by dennn at 13:42| Comment(0) | パズドラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

【パズドラ日記】転生アスタロトで闘技場3 (ノアドラ編)


 先日の記事の補完ということで、レーダー龍戦の立ち回りをもう少し具体的に書いておこうかと。

 今回はノアドラゴン戦。

 t3ast4.jpg

 ノアドラゴンはHPの推移によるAIの変化が複雑で面倒くさいので、事前にしっかりと把握しておくこと。敵の攻撃が弱いため、99ターン耐久も可能。よっぽど自信が無いようであれば、耐久するのが無難だろうか(ウルズ、オシリスなどの目覚めを受けた場合は避けたほうが良い)。

 t3astpt.jpg
 L:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、体力キラー)
 F:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、適当×2)
 S:転生アスタロト(ドラゴンキラー2、遅延2)、シーフ(闇5)、ロミア(闇5)×2

 バッチ:回復+35%
 アシスト:上記画像の通り(※シーンはスキルレベル4)
 潜在:上記画像の通り

 ※パーティ編成や道中の立ち回りについてはこちら。ポイントはB12でスキルをフルチャージすること、B20で相手が誰であれ威圧を使用すること、B22でシーンを使用すること。

 ・99ターン耐久の場合

 基本的に「敵が木吸収の時に全力攻撃し、盤面の木ドロップを処理しつつ回復する」の繰り返し。Lアスタロトのインドラ軽減とシーフの軽減があるので、割と余裕がある。軽減は「HPが5〜6万、なおかつ盤面に回復ドロップが無い」タイミングで使用する。ノアドラのダメージ無効が解除されたら、木・闇吸収でないタイミングでワンパンする。

 ※ウルズやオシリスなどの目覚めを受けた状態で99ターン耐久を試みるのは危険なので、なるべく避けること。


 ・ツーパンする場合

 B22でシーンを使用しているので、1ターン目に木の列を組むと無効ラインを超えてしまう。木の6個消し(列は組まない)1コンボで約50%程度のダメージを与えることができる(敵が1ターン目に木吸収の場合はシーンのエンハンスが切れてしまうので、木の6個(列)+3個を含む3〜4コンボが目安となる)
 リトリートアーク&ファーストジャッジメントを誘発後、インドラ(保険)&シーンのエンハンスを発動し、木の6個(列)+3個を含む3〜4コンボ程度で削り切る。


posted by dennn at 16:28| Comment(0) | パズドラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする